アダルトアフィリエイトの広告枠についての考え方。

今回はアダルトアフィリエイトの広告枠について書きます。

この話はアフィリエイトに限らず、相互リンク先のサイトを紹介する枠についての考え方にも流用できます。

webは雑誌等の紙媒体と違って文字数制限もないですしサイトのサイズも縦横何ピクセル以下ではないといけないとかそういう制約はありません。

特にアダルトアフィリエイトをやっている我々エロサイト管理人は「いくらでも広告貼ってもOK!縦幅が長いほうがコンテンツ盛りだくさんな感じがしていいよね!よしもっとバナー貼っちゃおう!相互リンク先の紹介スペースも増やそう!」と考えがちです。

無料動画紹介ブログで言えば無料動画の紹介部分がブログのメインですよね。目玉です。訪問者からしたらそれ以外のものは不要なわけです。アダルトアフィリエイトの広告も相互サイトの紹介も邪魔なんですね。でも運営者は稼ぐためにアダルトアフィリエイトの広告も貼りたいですし、PVを伸ばす為に相互サイトの紹介も必要です。ここは絶妙なバランス感覚が必要なとこですね。

例えばアダルトアフィリエイトの広告を貼るスペースを3つ用意して1ヶ月の売上がトータル1万円だったとします。「じゃあ枠をあと3つ増やして6枠にすれば1ヶ月の売上も2倍の2万円だ!30の枠を用意すれば月10万円だ!」と考えたくなります。しかし実際にそれをやるとアダルトアフィリエイトの広告だらけの残念なエログになってしまいます。しかも月の売上は10万円に届きませんし、それどころかユーザーも愛想を尽かして離れていく事になります。

アダルトアフィリエイトは成果報酬です。カリビアンコムのバナーであればクリックされただけではあなたの報酬になりません。ユーザーがお金を払って初めて成果発生です。

アダルトアフィリエイトの場合、安易に枠を増やすのではなく限られた枠の効果を高めていく方向で努力するほうがいいのではないでしょうか。ユーザーも広告は少ないほうが嬉しいですし、ユーザーが定着してくれれば結果的にアフィリエイトの収入もついてきます。これ、綺麗事に聞こえるかもしれませんがホントです。

今回書いたことはアダルトに限った話ではないのですがやっぱり一般的に非アダルトサイトよりもアダルトサイトって広告がごちゃごちゃ多いじゃないですか。

  • もっと広告枠を厳選して、効果的に売上が出る広告だけを掲載する。
  • クリックされるだけでなく成果に結びつく貼り方をする。

そんな工夫がアダルトサイトにも必要なんじゃないかなと。それだけでサイトの印象が変わりますしブックマッカーも増えるのではないでしょうか。ブックマークされてるサイトは強いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加