iframeを用いたアクセストレードで気をつけておきたい事

今日はアクセストレードの細かい話について書きます。

皆さんは自分のサイトでiframeを使ってますか?

画RSS等のサービスが生成するjavascriptのコードを1枚のペラHTMLに貼りつけて、それをブログからiframeで読み込んで使うとか
複眼RSSが生成するコードを1枚のペラHTMLに貼りつけて、それをブログからiframeで読み込んで使うとか、結構やってるとこ多いですよね。

例えば上で挙げた2つの例は両方共アクセストレードの為に行っているワケです。すると相互リンク先の管理人さんがアクセスランキングに載る自分のサイトのURL置換作業をちゃんとやってくれなかったりします。

  • http://adultwebmas.blog.fc2.com/ ←本体のブログ
  • http://blog-imgs-12.fc2.com/a/d/u/adultwebmas/sample.html ←RSSとか貼ってるHTML

この2種類のURLをちゃんとまとめて置換してくれないケースが多いんですね。

http://adultwebmas.blog.fc2.com/は置換してくれていて http://blog-imgs-12.fc2.com/a/d/u/adultwebmas/sample.htmlは置換してくれていない場合、メールを送るなりしてRSSの方も置換してくださいと連絡する必要があります。

でも、連絡しても必ず置換してくれるとは限らないワケで・・。相手の手間、煩わしさを考えてぽんきちはなるべくiframeの使用は控えるようにしてます。

でもやむを得ない場合はやっぱり使っちゃいますけどね。どうしてもiframeを使う場合はそのへんのデメリットも把握した上で使うことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加